サイト内検索

資料請求・お問い合わせ
  • 世界の健康情報
  • よくあるご質問
  • オンラインストア

導入事例

導入事例vol.2 プリン薬局小柳様

『ユニケを選んだ理由!』
プロフィール
薬局名 : プリン薬局小柳
設立年月 : 2000年(平成12年)11月
主な処方元 : 青森市はまなす地区近隣の
クリニック及び病院
代表取締役 : 高坂 聡
スタッフ : 薬剤師3名、事務員2名
住所 : 青森市はまなす1丁目17番23号
営業時間 : 平日 9:00~18:00
土曜日 9:00~13:00
定休日 : 日祝祭日
※敬称略

導入の経緯

当時の展示会でユニケのレセコンシステムに出会う

展示会を見学に行った際に、代理店さんのブースでユニケのレセコンシステムに初めて出会いました。P-GATEのデモを見せていただいたのですが、機能面などの特長やポイントを代理店さんから説明を受け余韻を持ち帰りました。その後導入に向けて複数のメーカーと競合となってしまいましたが、「ユニケのレセコンがいいな〜」と感じ導入に至りました。

導入のポイント

実際に触る、現場スタッフの声を聞く・・・

複数のメーカーからいろいろな説明を受け、機能面やコストなどのバランスを考慮した結果、最も重要視したのは、実際の現場での声でした。当時のスタッフに「最も作業し易い(入力し易い)メーカーはどこ?」とヒアリングしたところ、ユニケだと答えたのです。
それは、“きちんとマニュアルを読まなくても、何となく画面操作をしていると次の操作方法がイメージできる”という事でした。直感的に操作ができる画面構成などがポイントだと感じた素直な意見だと思いました。
また、基準調剤加算算定薬局ゆえ、時間外に調剤の求めがあった場合に担当の薬剤師が躊躇なく操作できる点など現場ユーザーの意見がソフトに反映されているのが随所に感じられ、薬剤師の使い勝手にも優れているため、導入に至りました。

導入の成果

個人スキルに依存しない操作性

薬局スタッフは、常時同じメンバーが作業しているとは限りません。交替や休暇は当然あります。その際に別のスタッフでも直感的に操作ができるので、その度ごとに教育を行わなくても迷うことはありません。そのため引き継ぎの時間が大幅に短縮され、無駄な時間が削減でき大変満足しています。
また、ユニケ製品を導入した事によって、ユーザー向けのセミナーなども開催してくれるのでタイムリーに薬局運営に必要な情報などが獲得できるのが本当に有り難いと思っています。