電子薬歴レセコン一体型システムP-CUBE n

患者さまに向き合う、
薬剤師の皆さまに安心を。

2021年1月販売開始2021年1月販売開始

NARRATIVE

患者さまの「物語」に基づく医療

医薬品が主体のデータベース活用型から、対人業務主体の対話型へ進化することが望まれています。
「P-CUBE n」は薬剤師による対話をサポートし、そこから得られた患者さまの「物語」に寄り添う医療を実現します。

NUMEROUS

多様化する薬剤師業務をサポート

NETWORK

ネットワークでつながる多彩なサービス

NEXT

次世代にシフトする薬剤師をサポート

製品ラインナップ

  • 「フォロナビ」「SOS」は、「P-CUBE n」を導入いただいていない場合には運用できません。

電子薬歴レセコン一体型システム

効率的な薬歴作成を実現し、患者さまとの対話をサポートする電子薬歴システム

対人業務の時間を創出するために、薬歴作成を効率化する設計や機能を電子薬歴システムに搭載。
電子薬歴+レセコンの一体型により、薬局全体におけるICTの最適化を実現します。

ポイント1

頭書き情報と薬歴入力との連携

新システムでは「頭書き情報」から「薬歴入力」への連携機能を搭載します。頭書き情報に沿った患者さまへの確認が薬歴に連携することで、入力の生産性が向上しました。また未記入事項がある場合の通知機能も新たに搭載し、記載漏れのリスクを軽減します。

ポイント2

見やすさと使いやすさを追求した
画面レイアウト

現行バージョンと比較して処方監査~薬歴入力完了までの操作の動線を徹底的に見直しました。薬局でのシステム運用や使用頻度の高いメニュー・機能のヒアリング・分析を行い、ワンクリックの短縮から画面レイアウトの変更まで、システム運用効率を向上しました。

ポイント3

薬剤別服薬指導ガイダンス(インタビューツリー)の操作性を向上

服薬指導で活用する指導ガイダンスのデータを標準搭載します。処方内容や生活習慣・属性に合わせて指導文の表示を絞り込める機能を追加することにより、患者さまひとり一人に対して最適な服薬指導を実現します。

服薬フォローサービス

LINEを使って、継続的な患者服薬フォローを支援

P-CUBE nでは、調剤後の服薬期間の継続的なフォローアップを支援するサービス「フォロナビ」を標準搭載します。
広く利用されている無料通話・メールアプリ「LINE」を活用して、より効果的で継続的なフォローアップを実現します。
※特許出願中(特願2019-140708)

「電子薬歴」LINEのやり取りが電子薬歴に連携。「薬剤師」指導コンテンツを活用したフォローアップの実施。「患者さまスマホ(LINE)」ライフスタイルに合わせてLINEで回答の実施。「電子薬歴」LINEのやり取りが電子薬歴に連携。「薬剤師」指導コンテンツを活用したフォローアップの実施。「患者さまスマホ(LINE)」ライフスタイルに合わせてLINEで回答の実施。

フォローアップ用指導コンテンツ

薬品・疾患別コンテンツ:吸入指導・評価、抗がん剤治療、インスリン治療、生活習慣病。汎用コンテンツ:アドヒアランス確認、受動勧奨連絡。※2020年9月時点のコンテンツです。処方や患者さまの状態に合わせたコンテンツ送信。「患者さまスマホ(LINE)」指導コンテンツの設問に合わせて回答(選択式)。薬品・疾患別コンテンツ:吸入指導・評価、抗がん剤治療、インスリン治療、生活習慣病。汎用コンテンツ:アドヒアランス確認、受動勧奨連絡。※2020年9月時点のコンテンツです。処方や患者さまの状態に合わせたコンテンツ送信。「患者さまスマホ(LINE)」指導コンテンツの設問に合わせて回答(選択式)。
  • 「LINE」はLINE株式会社の商標または登録商標です。

経営管理・在庫最適化サービス(Stock Optimization Service)

経営から店舗運用まで薬局全体の最適化を実現

『SOS』は、P-CUBE nのオプションとして、チェーン店本部向けの経営管理機能と、
店舗向けの在庫最適化機能を備えた、薬局経営の可視化を図るクラウド型システムです。

経営管理:売上日計・月計、受付分析、保険請求管理、調剤実績・分析、在庫管理、指導実績・分析、仕入・発注管理、かかりつけ業務分析、見積もり比較、経営分析・目標。+在庫最適化:店舗間 在庫参照、在庫引取・分譲、余剰在庫マッチング、帳票出力、P-CUBE n 連動。店舗運用:電子薬歴レセコン一体型システム「P-CUBE n」経営管理:売上日計・月計、受付分析、保険請求管理、調剤実績・分析、在庫管理、指導実績・分析、仕入・発注管理、かかりつけ業務分析、見積もり比較、経営分析・目標。+在庫最適化:店舗間 在庫参照、在庫引取・分譲、余剰在庫マッチング、帳票出力、P-CUBE n 連動。店舗運用:電子薬歴レセコン一体型システム「P-CUBE n」

お取引までの流れ

デモやシステムの説明はもちろん無料で承っております。気軽にお問合せ下さい。
その後、販売店の担当者が貴社の課題や改善したい点を伺い、豊富なバリエーションをもつ弊社サービスから最適なソリューションをご提案します。またご導入決定後はデータの移し替え、操作説明、稼働立ち合い、フォロー訪問を通して導入効果を実感頂けるようサポートさせていただきます。

  1. お問い合わせ

  2. お打ち合わせ

  3. お見積もり

  4. 操作方法のご確認

  5. 設置・動作確認

  6. 稼働立ち合い

よくあるご質問

A

レセコンのみでの運用も可能です。また、それに合わせた価格プランもご用意しております。

A

対応しております。在庫管理や2次元バーコード読み取り、薬袋印刷はすべて標準機能となります。

A

対応しております。iPadを専用タブレットとし、データ持出しが可能なオフライン運用にも対応しております。
また、在宅においては、専用タブレットで記録した薬歴を元に訪問報告書・計画書の作成も行えます。

  • iPadは米国および他の国々で登録されたApple inc.の登録商標です。
A

令和3年3月の制度開始に合わせて、レセコンとオンライン資格確認との連携を予定しております。
また、専用端末やネットワークのご提案にも対応しております。お気軽にお問合せ下さい。

A

可能です。弊社システムは調剤システム処方IF共有仕様(NSIPS®)の賛同メーカー・機種に指定されておりますので、同様にご採用・ご検討の調剤機器がNSIPS®の賛同機種であれば連動が行えます。詳しくは、導入の際に担当者にご確認下さい。

A

料金については、問い合わせフォーム、もしくは各販売店までお問合せ下さい。
P-CUBE nのソフトウェアライセンスは初期費用なしの月額使用料のみとなっております。
一部商品を除き途中解約金もございませんので、安心してご利用いただけます。

A

ソフトウェアについて、法改正ごとの一時的な費用はかかりません。すべて月額使用料の中に含まれております。

A

機器の手配、システムや店舗様の規模等にもよりますが、概ね1~2ヵ月となります。

A

一部を除いて可能です。exPD電子薬歴データ交換仕様に関する連絡協議会に参加しており、同じく参加している製品なら移行は可能です。詳しくは、導入の際に担当者にご確認下さい。

もっと近くに。薬剤師応援キャンペーン アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり×UNIKE