オンライン資格確認

専用端末からネットワークまで。
薬局さまのオンライン資格確認の導入をサポートします。

2021年1月時点での情報になります

オンライン資格確認制度とは

2021年3月より健康保険証のオンライン資格確認制度が開始され、
マイナンバーカードのICチップまたは健康保険証の記号番号等により、オンラインで資格情報の確認が出来るようになります。

サービス内容

オンライン資格確認機能

医療機関・薬局にて、加入者(患者)の資格確認をマイナンバーカードの利用者照明用電子証明書または健康保険証を用いて、オンラインで行うサービス
注)公費は令和3年3月は未対応

運用開始時期:
令和3年3月から

薬剤情報閲覧機能

レセプトをもとに薬剤情報を管理する機能。また、加入者の同意がある場合、医療機関・薬局にて薬剤情報を閲覧できるサービス

運用開始時期:
令和3年10月から

特定健診等情報の閲覧

患者の同意がある場合、各医療保険者等からの特定健診情報の報告結果を参照できます。
(後期広域連合の健康診査も対象)

運用開始時期:
令和3年3月から

レセプト振替機能

医療機関・薬局から審査支払期間へ提出されたレセプト情報に記載された保険者番号、個人単位被保険者番号、生年月日、算定日数を利用して、審査支払期間にて、加入者の資格情報の有効性を確認し、受診日・調剤日時の資格情報に基づいてレセプト請求先を振替・分割するサービス

運用開始時期:
令和3年10月から

オンライン資格確認のメリット

活用シーン メリット
新患者の患者情報登録 患者氏名、性別、生年月日、住所などが自動的に反映されるため、手入力の手間と誤入力の解消につながります。
資格過誤によるレセプト
返戻の作業が無くなる
患者の保険資格がその場で確認できるようになるため、資格過誤によるレセプト返戻が無くなり、窓口業務の負担が軽減されます。
患者への高額請求 限度額認定情報を申請前から使用できるため、患者への高額請求及び未収リスクが軽減されます。
レセプト請求情報の管理 返戻レセプトが無いことで、レセプト振替・分担結果の取込作業も生じないため、レセプト請求情報の管理業務から解放されます。

提供サービス

  • オンライン資格確認端末

    • 「ハードウェアに係る要求仕様」に適応した専用端末をご用意
    • 省スペースタイプかつ冗長性に優れており、窓口の資格確認業務に適した仕様
  • ネットワーク

    • セキュリティ要件を満たしたネットワークサービスを、導入からサポートまでワンストップでご提供
    • 「ユニケネットMプラス」ではホワイトリストへのアクセスを標準搭載
  • P-CUBE nとの連携

    • レセコンのオンライン資格確認対応は保守範囲(操作マニュアル含む)
    • レセコンとオンライン資格確認システムとの連携
  • 導入支援

    • 資格確認端末・顔認証付きカードリーダー・専用ルーターの設置・導通確認まで、オンライン資格確認をスタートするのに最低限必要な作業を包括的に対応

事業額の42.9万円(税込)
を上限に実費補助

  • 消費税分(10%)も補助対象
  • 2021年3月末までに顔認証付きカードリーダーの申込を行った医療機関・薬局のみを対象

よくあるご質問

A

レセコンで資格照会の確認や資格情報のマスタ登録など連携を行うことができます。
弊社の電子薬歴レセコン一体型システムとの連携も予定しております。

A

支払基金が定めた要件を満たす資格確認端末との動作については保証するとの見解のため、弊社としてはどのメーカーを選択されても、基本的な動作について問題はないと考えます。

お問い合わせ

ご質問やデモのご依頼など
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6747-0030

受付時間 9:00〜18:00(土日祝除く)