薬歴共有

オプション

チェーン・グループ店の薬歴情報はすべて「クラウドデータセンター」で一元管理して、電子薬歴の情報を相互で共有することができます。相互作用チェックやポリファーマシーの対策、夜間休日対応など、地域全体の健康づくりを支援します。

薬歴共有のイメージ

特長

1. 店舗間の薬歴情報の共有

患者さま名寄せ機能により、各店舗で管理している薬歴情報(日々のやりとり、基本情報)を複数店舗で共有することができます。
グループ間での情報共有は、患者さまの安心や、安定した服薬指導の提供に限らず、地域での企業ブランドの向上にも貢献します。

2. 患者さまデータ・相互作用・アンケート情報の取り込み機能

名寄せして共有した患者さまのマスタ(保険情報・住所・連絡先)や、併用薬・アンケート情報などを、双方向で取り込むことができます。
同じグループ薬局にもかかわらず店舗ごとにアンケートを記入していただく、そのような患者さまの負担を軽減します。

3. 患者一元管理(夜間休日対応機能)

すべての患者さまの薬歴情報はクラウドにて管理されます。全店の薬歴情報を一元管理を行うことで、店舗だけではなく、エリアや全体で効率的な夜間休日対応の運用や情報共有を実現します。

関連機能

お問い合わせ

導入に関するご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6747-0030

受付時間 9:00〜18:00(土日祝除く)