令和4年度 調剤報酬改定

~ 薬局・薬剤師が目指すべき方向性を考える ~

本セミナーは終了いたしました

 新型コロナウイルス感染症拡大によって保険薬局を取り巻く環境が変容し、薬局における対策のために経営や医療現場では、経営者や薬剤師の皆さまが一層繁忙にお過ごしであると伺います。そこで「令和4年度調剤報酬改定」のポイントを解説し、対策を考える機会としてオンラインセミナーを開催いたします。

令和4年度調剤報酬改定への対応を見誤らないための3つのポイント

ファルメディコ株式会社代表取締役社長

一般社団法人薬剤師あゆみの会理事長

狭間 研至 先生

狭間 先生のコラム「令和4年度調剤報酬改定への対応を見誤らないための3つのポイント」はコチラから

服薬フォローアップを標準化するためのICT活用

本格的な実施には多くの課題がある、服薬フォローアップ。
「患者服薬フォローサービス『フォロナビ®』」では設問コンテンツを追加し、活用シーンを拡げました。薬剤師のスキルやキャリアに捉われずに、服薬フォローアップを薬局機能として標準化し評価に繋がる、これからの服薬フォローアップについてご案内いたします。

(株)ユニケソフトウェアリサーチ

Copyright © 2022 UNIKE SOFTWARE RESEARCH CO.,LTD.