調剤報酬改定 お役立ち資料

令和6年度 調剤報酬改定のポイントを解説

更新日:2024年3月27日

\ 60秒で申し込み完了/

今回の調剤報酬改定は「患者のための薬局ビジョン」「地域包括ケアシステム」「医療DX」と多くの目的を実現するために実施されました。調剤報酬改定は医療費の適正化を進めると共に、国が目指す姿へ更改していく意味を持っているため、その示すビジョン、これからの薬局に求めている事を理解して備える必要があります。本資料では、令和6年度の調剤報酬改定のポイントを掲載し、今後の薬局経営の参考としていただければ幸いと考えています。
※3月27日時点での情報となります。

 本資料のご紹介内容
・令和6年度調剤報酬改定のポイント
・令和6年度診療報酬改定における医療DXに係る全体像
・在宅業務に関する調剤報酬改定の概要
などをご紹介。

フォームに必要事項をご入力いただいた後、メールにて資料のリンクをご案内させていただきます。
なお、本資料は医療従事者様を対象としているため、お申込みいただいてもご提供をお断りすることがあります。予めご了承ください。

※申込の完了は、送信ボタンを押下後に
画面を上にスクロールしていただく事で確認いただけます。

※申込の完了は、送信ボタンを押下後に画面を上にスクロールしていただく事で確認いただけます。

関連記事

RMP資材の活用ポイント サムネイル

RMP資材の活用ポイント

本記事では、特定薬剤管理指導加算3(イ)に係ってくるRMP。 RMPに係る患者向け資材がない医薬品に...

資料ダウンロード

製品ページもチェック

データ活用の可能性を拡げる
薬局向け業務システム

データ活用の可能性を拡げる薬局向け業務システム

電子薬歴レセコン一体型システム『P-CUBEn』&患者服薬フォローサービス『フォロナビ』 イメージ

Copyright © UNIKE SOFTWARE RESEARCH CO.,LTD.