コロナ禍で注目されるセミセルフレジとは

 『新型コロナウイルス感染症対策 薬局向けガイドライン』に則り、各店舗ではさまざまな対策が実施されています。その一つとして、会計窓口での現金の受け渡しによるお客さまとの接触を減らす目的でセミセルフレジを導入するケースが、小売業界と共に薬局でも加速しています。

セミセルフレジのメリット

 患者さまは対面の精算機に表示された金額を自分で入金します。釣り銭もレジから自動的に払い出されるため、現金の受け渡しによる接触がありません。また、一部負担金が調剤レセコンと連動されるため、レジ入力の負担が軽減されます。無人レジ(フルセルフ)と比較してセミセルフレジは、小型で低コストで導入可能であり、衛生管理と効率の面でメリットが大きいため薬局から支持されています。

補助金を活用

令和3年度 新型コロナウイルス感染症感染拡大防止・医療提供体制確保支援補助金(薬局は最大20万円)」でセミセルフレジを導入することが可能です。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17941.html(厚生労働省)

製品・サービスに関するお問い合わせはこちらから

製品・サービスに関するお問い合わせはこちらから

Copyright © 2021 UNIKE SOFTWARE RESEARCH CO.,LTD.