サイト内検索

資料請求・お問い合わせ
  • 世界の健康情報
  • よくあるご質問
  • オンラインストア

お問い合わせ(一覧)

紫外線を避けて皮膚がんを予防

 日光に含まれる紫外線 (UV)は皮膚がんの主な原因となります。紫外線の影響を最小限にとどめるため、以下のようにしっかり対策しましょう。

・紫外線が最も強くなるのは午前10時から午後4時です。この時間帯に外出する場合は、できる限り日陰で過ごしましょう。
・屋外に出るときは、常に日焼け止めを使用しましょう。
・できる限り肌の露出の少ない衣服を着用しましょう。
・頭部、首、顔を守るため、つばのある帽子をかぶりましょう。
・紫外線を遮断するサングラスを着用しましょう。

情報元:米国がん協会(ACS)

(HealthDay News 2017年10月31日)

戻る