サイト内検索

資料請求・お問い合わせ
  • 世界の健康情報
  • よくあるご質問
  • オンラインストア

製品情報

電子薬歴システム P-POS i

  • 概要
  • 特長
  • 機能紹介
  • 帳票サンプル
  • ここがポイント

薬剤師が選ぶ薬剤師のためのツール

さまざまな自動チェック機能が薬剤師の「もう一つの目」となって、「処方監査」「薬歴監査」に必要な情報を見逃すことなく一覧で確認できます。
また、薬歴の記入は、1つひとつの情報を確認しながら、迅速に正確に行えます。

薬剤師の「もう一つの目」となって調剤過誤を防止

自動チェック機能により、必要に応じてドクターへの確認も迅速に行えますから、患者さまの待ち時間を短縮でき、万一の調剤過誤を確実に防止します。

薬歴情報をスピーディーに活用

患者さま情報と医薬品データベースを照らし合わせて即座に監査が可能。 相互作用を把握し、安全な調剤と服薬指導を行えます。

ユニケのレセコンとの完全連携

ユニケの「P-GATE」や「P-GATE i」と連携してご利用いただくことで、調剤前監査機能、後会計、ダイレクト処方修正など、レセコンと完全連動して、いっそう効率的な活用ができます。

他社のレセコンとも連動可能

日本薬剤師会が推奨するNSIPSに加盟しているレセコンと互換性があるので、
他社のレセコンとも連動できます。

地域医療連携に備える薬歴情報の電子化を促進

患者さま情報を医療機関同士で共有する地域医療連携では、薬局しか持っていない薬歴情報の活用は不可欠。医療機関と連携して患者さま情報をやりとりする来たるべき時代に勝ち残っていくために、P-POS iで薬歴情報を蓄積して備えていきましょう。

患者さまにやさしく、安心を提供します

患者さまの視点に立ち、年齢や性別に応じて薬情や手帳の編集も可能です。
さらに的確な情報を適切に伝えるため、強力なデータベースを搭載しています。

資料請求・お問い合わせはこちら