ニュース 会社案内 事業内容 商品紹介 リクルート お問い合わせ ホームページ
ユニケ電子薬歴システム「ピーポス」
「P-POS(ピーポス)」は、ガイドライン基準3条件「真正性」「見読性」「保存性」をクリアできることはもちろん、従来にはなかった『活用型』の電子薬歴システムです。
1 記録に時間をかけるのではなく、調剤品質・患者サービスの向上に時間をかけられます。
確認項目簡易入力、ドラッグアンドドロップによるコメントの書き込み、TOP情報、患者情報への転記、インタビュー支援機能、服薬説明用アニメーションと自動記録機能、メモ機能など、多くの記録支援機能が記録作業に要する時間を大幅に短縮します。
2 薬剤師ごとのインタビュー内容設定で、効率的な薬歴記入を実現できます。
薬歴の書き込みは十人十色。だからこそ一人ひとりが使いやすい自分専用の記録テンプレートを登録することで、投薬窓口で薬歴の記録が可能になります。(インタビュー支援テンプレートは、初期提供もしています)
3 薬歴は書いて終わりでは活かせません。
活用してこそ価値があります。
例えば、「プロブレムリスト」を作成し、患者様へのケア目標を共有化したり、医師へのフィードバックレポート作成支援機能で患者様のQOL向上をめざした「活用」ができます。

4

強力な連携機能によって医薬品情報を即時に参照できます。

医薬品基本情報、血中濃度グラフ、相互作用※、副作用※、薬剤識別情報※、添付文書情報※など薬歴情報と連動していつでも即時に表示することができます。(※オプションデータが必要)
5 修正・削除履歴を記録、画像情報の暗号化、指紋認証で抜群の真正性を実現しました。
システムとして考えられる最高レベルの真正性を実現しています。
6 実際の運用を考慮した機能を満載しています。
ヒヤリ・ハット情報表示、SOAP形式の記録、調剤過誤の記録、後会計機能、手書き取り込み、申し送り事項表示など薬歴としての実際の運用を考慮した機能を満載しています。
各機能の詳細については、
こちらでご覧いただけます→
電子パンフレット
 

プライバシーポリシー

Copyright © 2002-2012 UNIKE SOFTWARE RESEARCH CO.,LTD.

 

 

 

ホームページ